【ネタバレ】4000年ぶりに帰還した大魔導士 【ネタバレ】海外作家のマンガ

第26話「4000年ぶりに帰還した大魔導士」※ネタバレ注意

ネットで漫画を買うならコチラ!!

今だけ無料トライアル中!マンガもアニメも見放題!!

今なら無料でポイントGETのチャンス!!

  1. HOME >
  2. 【ネタバレ】海外作家のマンガ >
  3. 【ネタバレ】4000年ぶりに帰還した大魔導士 >

第26話「4000年ぶりに帰還した大魔導士」※ネタバレ注意

【お詫び】

 

大変長らく更新できておらず、

申し訳ございませんでした!

公私ともに忙しく、あまりPCを触れませんでした(´;ω;`)

またしっかり更新していきますので、よろしくお願いいたします!!

最近ピッコマで配信され始めたマンガ「4000年ぶりに帰還した大魔導士」!!

 

https://piccoma.com/web/product/37285

 

私はもれなく当日にすべて読んでしまいました(笑)

皆さんもぜひ読んでほしいです!!

また、こちらのブログはネタバレ内容も含まれるので、ご注意ください!!

では、一人でも多くの方がファンになりますように...!!

 

 

【あらすじ】

イサベルが、さきに悲鳴のほうへ向かったフレイを追いかけると、そこには倒れた山賊たちの姿が。

まだほかにも仲間がいるようなので、一網打尽にする予定だと話すフレイ。

そのころ山賊たちの本部アジトでは、団長が小隊の壊滅の報告を受けていた。

その正体不明の襲撃者が魔導士であり、バトルメイジだと判断し警戒を強める。

雇い主が誰かはわからないが、作戦を変えるわけにはいかない。

そして、ついに標的のアクアリード家の長女「ソーニャ・アクアリード」と相まみえることになった山賊一味。

本人以外ボロボロの状態でもはや結果は見えていた。

 

 

【本編】

噂通りの美女に、一か月待った甲斐があったと舌なめずりするドクロ斧団団長カルスト。

ソーニャは名門生まれで家柄もよく、男より勝る才能に18歳で「暴雨」の称号が与えられている天才騎士だという。

ソーニャの陣営はかなり危機的な状況だった。

下女2人と護衛騎士1人。

しかもその護衛騎士は現役引退した高齢なので、戦えるのは実質ソーニャのみだった。

この行き詰った状況に、打開策を思案するも思いつかない。

ソーニャ1人で20人以上の野盗を相手は正直無理だった。

 

団長カルストは、ソーニャへ護衛で魔導士はどこだと尋ねたが、名誉ある騎士の家系であるアクアリード家の者が護衛に魔導士は雇わないと一蹴するソーニャ。

カルストは、ここで正体不明の魔導士(フレイ)がソーニャと関係なかったことを確信し、さらにその正体に興味を示した。

そして、まだ殺さないとソーニャへ伝えた。

その真意は、ソーニャや下女たちを野盗たちの慰み者にして辱めてから殺すためだった。

その真意を察したソーニャは、そんなことなら自害するというもそうなれば下女2人を辱めると言い放つカルスト。

その為に女だけ生かしておいたのかと、殺意を露わにするソーニャ。

しかし、ソーニャの足を引っ張りたくないと伝え死を覚悟する下女2人。

また、護衛のルーター卿も覚悟を決めていた。

その3人の強い意志を宿した瞳を見て、この状況を打破できないこと、そしてソーニャ自身も死を覚悟した。

3人に謝罪したのち、自分一人犠牲になろうと前に進むソーニャ。

そんなソーニャの後ろ姿に、下女2人は辱めを受けるくらいならせめてお嬢様の手で殺してほしいと声をかける。

その申し入れを受け入れ、天国でまた再会しようと伝えるソーニャ。

ドクロ斧団達は、何を始めるのかとニヤつきながらその状況を観察している。

ソーニャは声高らかに、アクアリード家としてそして二人の名誉のためと宣言し、二人の下女の背後に立ち剣を高く振り上げた。

それを見たドクロ斧団達は、慌ててソーニャを止めに入るが距離的にも間に合わない。

涙しながら、目を閉じ全力で振ったソーニャの剣。

 

そっと目を開けると、なぜか目の前にはまだ存命の下女2人。

そしてソーニャの剣を握っていた手には、既に剣がなかった。

ドクロ斧団に剣を奪われたのかと鋭い眼光でカルスト団長のほうを見て、その実力差に愕然とするとともに、恥辱を感じるソーニャ。

しかし、そのドクロ斧団の面々も驚いた表情をしている。

 

「名誉の死を妨げてしまい、もうしわけない」

 

その声はソーニャの耳には入っておらず、ソーニャはアクアリード家の者として全員舌を噛み自害するよう伝えた。

しかし、下女2人の強い呼びかけにハッとなり、そこでようやく横にいる人物に気が付いた。

カルスト団長は、やっと出会えたと嬉しそうな表情を浮かべている。

突如として姿を現したフレイは、ソーニャの横でソーニャの剣を眺めていた。

 

ーーーーーー27話へ続くーーーーーー

 

【感想】

ついに現れたと思ったら、いきなりピンチになってしまっているソーニャ。

かなりの実力者のようですが、やはり多勢に無勢ですね…

かなりプライドの高そうなソーニャとその従者とのやり取りから、かなり信頼関係もあり人格者なのだろうことがうかがえますね!

そして、いいタイミングで現れたフレイ!!

しびれますねーw

次回もすぐに更新しますので、少々お待ちを!!

また、しばらく更新できておらず申し訳ございませんでした!

また更新していきますので、よろしくお願いいたします!!

次回もお楽しみに!!

 

こちら26話の韓国語版です。

なんとなくの意味はこのブログの内容で、あとは本場サイトの絵で把握できるかなぁと思いますw私は先が気になるので、実はこそっと見てたりしますがwww

きちんと訳せる人見つけたら、載せようかなぁとも思ってます!

気長に待ってくださいw

では、次回の更新をお楽しみに!!

さらに無料で漫画を楽しみたい方はコチラ!!

今なら1円でオリジナルドメインGETのチャンス!?

-【ネタバレ】4000年ぶりに帰還した大魔導士, 【ネタバレ】海外作家のマンガ
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 自由気ままなマンガネタバレブログ Powered by AFFINGER5