【ネタバレ】最強の王様、二度目の人生何をする? 【ネタバレ】海外作家のマンガ

第47話「最強の王様、二度目の人生は何をする?」※ネタバレ注意

ネットで漫画を買うならコチラ!!

今だけ無料トライアル中!マンガもアニメも見放題!!

今なら無料でポイントGETのチャンス!!

  1. HOME >
  2. 【ネタバレ】海外作家のマンガ >
  3. 【ネタバレ】最強の王様、二度目の人生何をする? >

第47話「最強の王様、二度目の人生は何をする?」※ネタバレ注意

多くの方が愛読しているであろう「最強の王様、二度目の人生は何をする?」!!

最近韓国漫画の勢いも凄く、私が愛読しているマンガの一つですw

数多くのファンの方々と同じく、私も更新を毎回楽しみにしています!落ち着いてきたら、原作のほうを翻訳して載せていきたいと思いますので、それまで少々お待ちを!!

さて、本日47話が配信されましたね!

金曜日更新って結構多くて、大変ですw

他の作品も読んでるので、時間見つけてまた書きたいですね!!

ネタバレが含まれるので、本編で楽しみたい方はご注意ください!!では早速前回のあらすじから!

 

 

【あらすじ】

 

オークションハウスに、自分用の剣を探しに来たアーサーとシルビー。

なかなか気に入る剣がない中、シルビーが埃をかぶっている重い剣を見つける。

アーサーには大きすぎるし重たすぎる剣は、何をしても鞘から抜けない。

様々なマナを送り込んでみても抜けない剣は、なんとマナ・ビーストのマナを送ることで抜刀できる。

さらにアーサー専用のようにその重さとサイズが変わった。

気に入ったアーサーは、うまくヴィンセントを言いくるめその剣を自分のものとするのだった。

 

 

【本編】

 

ーヴィンセント邸中庭ー

 

”パーン”

 

『お誕生日おめでとう、アーサー!』

 

アーサーの家族はもちろん、レイノルズのもとパーティ仲間やヴィンセント家族に囲まれて、お祝いされるアーサー。

母アリスは、もう9歳になったアーサーを見て信じられない、と笑顔で微笑みかける。

父レイノルズも、嬉しそうにアーサーを見つめる。

 

「ほらほらアリス、思い出話はお祝いが済んでからにして」

 

と手を叩きながら、ヴィンセントは言う。

ヴィンセントの合図を受け、次々と運ばれてくる豪華な料理。

お寿司やステーキ、焼き鳥にワインなど豪華な食事だ。

シルビーもうれしそうに目を輝かせている。

大きな長テーブルに運ばれてきた料理を並べ、みんなで好き好きに食べていく。

ここぞとばかりに、皆羽目を外し楽しむも、羽目を外しすぎて怒られる姿も見られる。

元冒険者仲間達は、アルコールが入っていることもあり思い出話に花が咲く。

恥ずかしい話を暴露しあってるようだ。

アダムは、飲んでいるグラスをドンとテーブルに置きながら話す。

 

「お前の番だぞ、ダーテン~。

 覚えてるか?

 昔お前のパンツが燃えて、丸出しのケツを隠しながら町まで戻ったよな?」

 

それを言われ、「あいつなんてことを…」と顔を伏せるダーテン。

仕返しとばかりに、アダムに話しかけるジャスミン。

 

「まさか自分のことも忘れてないよね?

 ダンジョンで用を足しているときに、下からモグラが顔を出してきて

 恐怖のあまりひっくり返って、噴水のごとくおしっこを自分にかけたじゃんw」

 

その話にその場の一同大爆笑。

アダムはみんなは寝ていて、バレていなかったと思っていたようで顔を真っ赤にして慌てていた。

 

 

ーヴィンセント邸広間ー

 

夕食も済み、みんな室内に集まる。

これから、アーサーへのプレゼント大会に移るようだ。

まず初めに、父レイノルズと母アリス、妹のエレナーからプレゼントを受け取った。

箱の中身を開けてみると、それはグローブだった。

父が狩ったスパイク・オーロックスの皮で母アリスが作り、手の甲に横に並ぶ3つの宝石は、母アリスがヒーリングの呪文を吹き込んでいるとのこと。

 

「カンペキだよ!ありがとう!すごく気に入った!」

 

嬉しさを両親へのハグで表現するアーサー。

次は、ヴィンセント夫妻からのプレゼントだ。

 

「エヘン!次は私たちから。」

 

と咳払いし姿勢を正し、アーサーの目の前へ立つヴィンセント。

 

「アーサー…」

 

と声をかけ片膝をつき、指輪が2つ入った小さな箱をアーサーに向けて開いた。

まるでプロポーズしているかのような構図に、ウソ…と軽く後ずさりするアーサー。

バシッ!!

背後から妻による鋭いツッコミを高等部へ受けるヴィンセント。

場を和ませようと思っただけなのに…と妻のほうを泣きながら見上げる。

気を取り直して、2つの指輪をアーサーと母アリスにそれぞれ渡すヴィンセント。

アリスの指輪のほうだけ、赤い宝石がついている。

これは、指輪を付けていればアーサーのマナが危険レベルになった場合に、母アリスの指輪の宝石が光るというものらしい。

嬉しくて思わず抱き着くアリス。

ただアーサーは、この指輪が光るんじゃないかと母を心配させてしまうんじゃないか、と心配そうに少し指輪を見つめていた。

次に父の元冒険者仲間達からのプレゼントだ。

強すぎるアーサーにヘルステア家と同じように考えた、とアダム。

代表して、ダーテンがプレゼントを渡す。

 

「小さなモンスター君には必要ないかもしれないけど、これなら家族みんなが喜ぶだろうと思って」

 

プレゼントとしてもらったものは巻物のようなもので、開いてみると赤い模様が中央に描かれていた。

アダムが説明するも、それがどれほど高かったかを話し始めたのですかさずジャスミンに背後からケリを入れられる。

気を取り直して、説明を続けるアダム。

 

「これは音を送れる巻物で、一度だけ互いにコミュニケーションが取れる

 道具なんだ。新しい指輪にちょうどいい組み合わせだろ?」

 

使い方は、コミュニケーションを取りたいそれぞれが巻物を持つ。

そして、例えばアーサーが巻物にマナを吹き込んでメッセージを残す。

すると、もう一方の巻物にメッセージが表示され、一度のみ返信ができる。

そして、メッセージがアーサーに届いたら2つとも灰になる、というものらしい。

その機能性の高さに驚くレイノルズ。

 

明日からアドベンチャラーになるアーサーに、ワクワクしているか?と語りかける父レイノルズ。

とにかく無事でいてほしい、とアーサーの額にキスをして涙ぐんでいる母アリス。

もちろんだ、と笑顔で応えるアーサー。

そして、すっかり日も暮れていたのでアーサーのバースデーパーティはお開きになり、ダーテン達を見送るアーサー達。

手を振りながら、ジャスミンと目が合うアーサー。

(また明日)

というかのように、互いに手を振る二人。

 

 

ー2階寝室ー

 

ベットに横になって、アーサーは考える。

まどろみのようなものが確信に変わった。

今の自分には、家族と愛すべき仲間がいるから、その安心感は失いたくない。

彼らを大事にして、必要なら戦ってもいいと感じ、もっと強くならなきゃいけないと強く思うのだった。

…前世で王だった時以上に。

 

 

ーーーーーー48話へ続くーーーーーー

 

 

【感想】

 

さぁ、ついにアーサーが旅立つ日が目前に迫ってきました!

それにしても、アダムやヴィンセントはお茶目でいいですね!!

過去の暴露話をみんなで楽しそうに話す感じも、いいなぁと感じほっこりする回だったなと思います。

次の話は、いよいよアドベンチャラーになるための試験を受けに行きます!

英語でよくわかりませんでしたが、実は我慢できず少し先読みしてみまして…

なかなかいい展開が待ってますよw

ぜひ!!お楽しみに!!!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓こちら47話の英語版です。

https://1stkissmanga.com/manga/the-beginning-after-the-end-42134687/chapter-47/


なんとなくの意味はこのブログの内容で!

あとは本場サイトの絵で把握できるかなぁと思いますw

私は先が気になるので、実はこそっと見てたりしますがwww

きちんと訳せる人見つけたら、載せようかなぁとも思ってます!

気長に待ってくださいw

では、次回の更新をお楽しみに!!

さらに無料で漫画を楽しみたい方はコチラ!!

今なら1円でオリジナルドメインGETのチャンス!?

-【ネタバレ】最強の王様、二度目の人生何をする?, 【ネタバレ】海外作家のマンガ
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 自由気ままなマンガネタバレブログ Powered by AFFINGER5