【ネタバレ】Retry~再び最強の神仙へ~ 【ネタバレ】海外作家のマンガ

第69話「Retry~再び最強の神仙へ~」※ネタバレ注意

ネットで漫画を買うならコチラ!!

今だけ無料トライアル中!マンガもアニメも見放題!!

今なら無料でポイントGETのチャンス!!

  1. HOME >
  2. 【ネタバレ】海外作家のマンガ >
  3. 【ネタバレ】Retry~再び最強の神仙へ~ >

第69話「Retry~再び最強の神仙へ~」※ネタバレ注意

多くの方が愛読しているであろう「Retry~再び最強の神仙へ~」!!

最近韓国漫画の勢いも凄く、私が愛読しているマンガの一つですw

そして、何を隠そうこのようにマンガを課金するきっかけになり、さらにはこのブログを書きだすきっかけになった漫画でもあります。

 

 Retry〜再び最強の神仙へ〜|無料漫画(まんが)ならピッコマ|十里剣神 大行道動漫啓介は30歳の時に現代の地球を離れ、修仙界に行き、仙界へとたどり着くための修練をしていた。 生まれつき才があったため期待さpiccoma.com

 

 

なので私にはかなり思い入れのある漫画です!

数多くのファンの方々と同じく、私も更新を毎回楽しみにしています!

落ち着いてきたら、原作のほうを翻訳して載せていきたいと思いますので、それまで少々お待ちを!!

ネタバレが含まれるので、本編で楽しみたい方はご注意ください!!

では早速前回のあらすじから!

 

 

【あらすじ】

啓友が今倉州で有名な裏社会のボス真田先生だと明かし、うろたえるも襲ってきた百槻家当主たち。

百槻家当主が得意とする炎の法力で襲い掛かるも、啓友に無効化されその威力のままそっくりそのまま返され爆撃を受けた百槻家当主。

なんとか一命をとりとめていたが、もはや勝負は決していた。

 

 

【本編】

啓友の実力を目の当たりにした、美波の護衛や祖母たち、そして百槻家当主。

百槻家当主は素直に負けを認め、祖母は無事解放されることに。

啓友は鬼巫教や小教主と関係あるのかと聞く百槻家当主は、美波に施されようとしていた「種巫之術」を知らなさそうな啓友へその内容を説明した。

鬼巫教教主一家に代々伝わる術法らしく、陰気が強い者の体内に種を植え付け、その植え付けられたものの強い陰気を吸収し成長させてから取り出し、精錬し修行に利用するというものだ。

百槻家当主は、小教主が行おうとしていた種巫之術の内容を話し、自分自身はただ弟子にしようと思っただけだと弁解した。

種巫之術のような邪術ならば、冷気を吸いとられた身体は生命力も吸収され、命を削ることが容易に想像できた啓友は、怒りを覚えた。

祖母は、小教主様は家門の恩人だから百槻家当主の言うことは聞くなというが、ただの家門の恩人に対して美波を犠牲にすることがどうしても許せなかった啓友。

小教主様だろうが鬼巫教だろうが、友人の美波にひどいことする奴は、誰だろうがぶっ潰すと宣言した。

それを聞き、小教主信者の護衛が啓友なんかが相手になるはずがないとまだ啓友に絡んできたので、手刀一撃で気絶させ黙らせた。

百槻家当主は、真田先生である啓友と共闘体制を取りたいようで、小教主は強力な巫器や法力を持っているので、六家門の達人たちと協力しようと持ち掛ける。

その時百槻家当主の電話が鳴り響き、小教主を足止めしていた5大家門がやられ2時間後に到着するとの内容だった。

目を覚ました護衛は、啓友にもう終わりだというが啓友はむしろ向かう手間が省けたと喜び待ち構えることにした。

 

 

ー美波の自宅ー

美波の自宅前に付いた小教主と達人風の付き人。

護衛の名前は赤壁というらしく、その報告によると真田先生が美波と祖母を人質に取っているという内容だった。

真田先生と呼ばれているが、しょせん井の中の蛙で鬼巫教にたてつくとは愚かであると笑っていた。

紅星という屈強そうな男も後部座席から出てきて、美波の自宅前で出て来いと声をかけるも、赤壁が出てきて中で待っていると入室を促した。

出迎えもしない態度に気分を害しながらも室内へ。

そこには、真ん中に座って啓友が待っており、左に百槻家当主が立ち、右に美波と祖母が立っていた。

美波を見た小教主は、女としても非常に魅力的だと改めて感じこの政略結婚が正しかったと再認識した。

小教主は、啓友の前の椅子に手をかけ座りながら、啓友へ倉州市と鬼巫教の間に利害関係がないため、美波と祖母を受け渡してくれればいい関係が築けると提案した。

また、真田先生のような偉大な人物なら、たかが女一人と巨大な勢力との関係どちらを選べばいいかなどわかるだろうとの発言に、顔を曇らせる百槻家当主と美波。

そこまで黙っていた啓友はようやく口を開き、小教主へなぜ座っているのか聞いた。

さらに、啓友は座る許可を出した覚えはないし、むしろひざまずいて土下座し謝罪すれば数人は許してやると続けた。

その言葉に、小教主は自分が下手に出たからと言って調子に乗るなら、いくら能力があるものでもか心してきた者たち同様容赦しないという。

その言葉を受け、小教主に全く反省の色がないことを理由に鬼巫教を丸ごと滅ぼしてしまうしかない、と話す啓友。

もはや争いは避けられない状況だった。

怒りに任せ、テーブルをたたいた小教主は紅星を呼び近くに呼び寄せるのだった。

 

 

ーーーーーー70話へ続くーーーーーー

 

 

【感想】

さぁ、啓友の最も素晴らしい才能「人をイラつかせる才能」絶好調発動してますね!!

そして、小教主というからにはなかなかのおじさんを想像していたのですが、なかなかのイケメンがw

しかも、いい感じのツレも連れてきてますし、これからのバトルが楽しみです!!

ついにバトル勃発です!!

さぁ、次回をお楽しみに!!

こちら69話の韓国語版です。


なんとなくの意味はこのブログの内容で、あとは本場サイトの絵で把握できるかなぁと思いますw

私は先が気になるので、実はこそっと見てたりしますがwww

きちんと訳せる人見つけたら、載せようかなぁとも思ってます!

気長に待ってくださいw

では、次回の更新をお楽しみに!!

さらに無料で漫画を楽しみたい方はコチラ!!

今なら1円でオリジナルドメインGETのチャンス!?

-【ネタバレ】Retry~再び最強の神仙へ~, 【ネタバレ】海外作家のマンガ
-, , , , , , , ,

© 2021 自由気ままなマンガネタバレブログ Powered by AFFINGER5